クロスゼロ・ガイド

お召し上がり方法

クロスゼロは健康食品ですので、飲み方やお召し上がり量の制限はありません。カプセルをお水で普通にお飲みください。お茶・ジュース・牛乳・珈琲などでも大丈夫です。コップ一杯(180cc)以上の水分で摂取されることが好ましいとされています。

お召し上がり後に胸焼けするような感じのある時は、お水を多めにお飲みください。また空腹時を避けてお召し上がりください。

カプセルを外し、中身をジュースやお茶など冷たい飲み物やヨーグルトなどに混ぜて頂いてもOKです。また、一日のうち1カプセルずつを何回かに分けてお飲みいただくのも良い方法です。

お召し上がりいただく量

健康のために一日2粒から4粒お召し上がりいただくことをお勧めしております。

お召し上がりの時間例

特に決まりはありません。また、一日量を分割して飲む方法もございます。

一日2回なら朝食・夕食の直後など。
一日3回なら朝・昼・夕の食直後など。
一日4回なら朝・昼・夕食の直後と就寝前または10時・3時などのお茶の時間に。
一日5回以上の場合、空腹時を避けて2・3時間おきに。

いずれの場合もなるべく多めの水分(水・ジュース・お茶・珈琲・牛乳などでも可)とともにお召し上がりいただくことをお勧めいたします。

また、就寝前に飲むと眠気が覚めてしまうという方がまれにおられます。

生活のリズムやご自分の調子を見ながらお召し上がり時間を決めてください。

クロスゼロの使い方あれこれ

皮膚にお使いになる場合は、「クロスゼロ水溶液」をお作りください。10ccのお水を入れた容器(小さいローションボトルやスプレー容器など)にクロスゼロの中身3分の一ほどをいれ、振り溶かします。それを化粧水のように使います。作ってから48時間以内に使い切ってください。

注)本品は医薬品ではなく健康食品です。毎日の美容と健康のためにお召し上がりください。

クロスゼロの魅力
CROSSZERO.JP 代表 小川理子が語るクロスゼロの魅力
クロスゼロブログ 元気アップ通信
小川理子のよもやま話。元気のヒントが詰まっています。
リピーター特典
リピーターのお客様にはさらにお得な特典をご用意しています。詳しくはお問合せください。
クロスゼロ ガイド
クロスゼロの飲み方、使い方あれこれ。

お支払いについて

お支払いは、銀行振込・郵便振替の他にカード決済、佐川急便e-コレクトによる代金引換がご利用いただけます。

カード種類

カードも使える代金引換サービス e-コレクト